ほくろ除去はレーザーで取り除く【最新技術でコンプレックス撃退】

女医二人

ほくろは除去できます

ほくろの特徴

女性

ほくろとは体にできる小さな黒いアザの事で誰の体にもあるものです。通常のほくろは体に害はなく放置していても問題ありません。ときに子供のほくろは年齢を重ねるごとに増えているように感じることもありますが、加齢とほくろの数には必ずしも相関関係があるわけではありません。それはほくろが生まれたての小さな赤ちゃんにもあることからもわかります。赤ちゃんの場合は体が小さいためある程度成長するまではわかりませんが、成長して体が少しずつ大きくなるにつれ徐々に目立つようになってきます。ほくろが加齢とともに増えるように感じるのは今まで目立たなかったものが成長などにより目立つようになってくるからです。ほくろの大きさは通常1mm前後となっていますが大きいものでは5mm以上になるものもあります。ほくろの数や大きさは時にコンプレックスの原因となってしまいます。とくに女性は審美的な理由で男性よりもほくろの数や大きさなどを気にする人が多くなっています。ほくろが気になる場合は皮膚科や美容整形外科で除去することもできます。気になる人は一度、皮膚科や美容整形外科で相談してはいかがでしょうか。

治療法方の説明

皮膚科や美容整形外科ではほくろ除去の治療を行っています。ほくろ除去では主にメスを使用する切開法と医療レーザーを使用したレーザー治療が行われます。切開法はほくろの細胞を完全に取り除くことができるため、再発の少ない点が特徴となっています。また治療も基本的に1日で終了するので、仕事や育児などで時間のない方におすすめとなっています。レーザーを使用する治療では、医療用レーザーを使用しほくろ除去を行います。メスを使用する場合に比べ痛みも少なく恐怖感もないので、多くの方が利用している治療法です。またほとんど傷跡が残らないので、顔などデリケートな場所のほくろ除去を行うのに向いている方法です。ただしレーザー治療の場合は切開法に比べ、ほくろの再生率が高い点がデメリットとなっています。最近では女性の間でほくろ除去への関心が高まっていることから、女性専用の美容整形外科なども多くなってきました。女性専用の美容整形外科では医師をはじめスタッフの全てが女性となっている所がほとんどです。そのため男性医師には相談しにくい個所にあるほくろ除去も気兼ねなく依頼することができます。デリケートな個所にあるほくろ除去を依頼したい場合はこのような女性専用の美容整形外科や皮膚科に相談するとよいでしょう。