ほくろ除去はレーザーで取り除く【最新技術でコンプレックス撃退】

女医二人

医療機関でほくろをとる

医療機関で取り扱う治療

女性

一般的にほくろ除去は保険適用の対象外となる整形施術と思われていますが、一概にそうというわけではありません。皮膚科は勿論、整形に特化した美容外科などで行うほくろ除去でも保険適用対象となる場合があるので、覚えておきましょう。ほくろの種類によって大きく違いますが、内容によっては保険診療に入るといわれており、直接医師が見て分析した結果によって良性か悪性か異なるものだからです。ほくろといっても種類は豊富で、にきび跡が黒く変化したものをはじめ、皮膚がんの可能性がある悪性のものまで、見ただけではわからない様々なものがあります。ほくろ除去は主にレーザー治療で行いますが、あまりに大きい場合、盛り上がっている場合などには除去を外科手術で行う場合もあるのです。外科手術とレーザーがメインとなっていますが、レーザーにも多数の種類があります。微細な大きさの色が薄いものであれば、シミやソバカスなどと一緒に光治療を受けているうちに取れてしまうこともあるのです。医療機関によって治療方法は様々ですが、治療時間は外科手術を除き非常に短時間で済ませられます。

きらない治療方法がメイン

かつては大きなほくろは外科手術で除去しました。しかし、美容整形をはじめとした多くの医療機関で、除去に関する治療法が大きく変化しています。切開手術後の傷跡はわかりづらいものといわれていましたが、それでも少々気になってしまう場合も少なくありません。ほくろを取り除いてから抜糸が必要となるため、不便とかんじていた人もいます。昨今では単純に美容整形ではなく、様々な医療機関でレーザーによるほくろ除去が主流です。レーザー治療は高周波によって細胞を蒸発させる仕組みとなっています。そのため、除去治療を行った後はほくろが除去され、赤く跡になっています。しかし、その跡も数週間後には赤みが徐々に収まっていき、数ヵ月後にはその場所にほくろがあったことさえ忘れてしまうくらい、きれいになっているのです。昨今ではレーザー技術が進歩しており、多少大きなものでもレーザーで除去できるようになりました。医師によって良性と認識されたものをレーザーで取ることが、主流になると考えられています。