ほくろ除去はレーザーで取り除く【最新技術でコンプレックス撃退】

女医二人

医療機関で相談しましょう

医療機関とほくろの説明

治療

ほくろは誰の皮膚にもある黒いアザの事で、メラニン色素が変化してできたものがほくろの正体です。ほくろは生まれたての赤ちゃんにも存在しますがまだ体が小さいので目立ちません。しかし年齢を重ねるごとに体とともに少しずつ大きくなり、目立つようになってきます。ほくろは数が少ない場合はチャームポイントともなりますが、あまりにも数が多くなりすぎたりできる場所によってはコンプレックスの要因ともなります。そのためできることなら消してしまいたいと考える人も大勢います。特に女性の場合は審美的な理由からほくろを消したいと考える人が多く、美容整形外科の相談理由の上位に常にランクインしています。最近では女性専用の美容整形外科クリニックも開設され人気となっています。女性専用の美容整形外科クリニックが人気となっている理由は、一般的な皮膚科よりも美容面に関するトータルなサポートを受けられることが要因となっています。またスタッフや医師も女性のみのところが多くなっているので、デリケートな場所にあるほくろ除去なども相談しやすいことが理由となっています。

手術の方法

美容整形外科で行われるほくろ除去は主にメスを使用した切開法と医療用レーザーを使用したレーザー治療となっています。メスを使用したほくろ除去のメリットは、ほくろの細胞を根本から除去できるため、再発がほとんどない点です。そのため確実に除去したい人にはおすすめの方法となっています。ただ切開法でほくろ除去を行った場合にはほくろを除去した場所が傷跡として残る場合があります。そのためか顔など傷を残したくないデリケート場所は、レーザー治療を利用するのもよいでしょう。医療用レーザーを使用した治療では切開による恐怖感が無い点や、ほとんど痛みを感じないところがメリットとなっています。切開法では一日の通院でほくろの除去ができますが、レーザー治療の場合では複数回通院する必要があります。またレーザー治療ではしばらくたってからほくろが再生する可能性があるので注意が必要です。ほくろ除去の治療は皮膚科や美容整形外科などで行っています。ほくろが気になる方は一度、相談してみるようにしましょう。